Blog ブログ

赤ちゃんを守るために

スタッフブログ / ブログ

生まれたばかりの赤ちゃんのお口にはミュータンス菌はいません。

ミュータンス菌は歯が生えてくる時期、人の口から口へと感染します。

主に、お母さんからうつる事が多いので母子感染といわれます。

例えば、お母さんが食事で使ったお箸で赤ちゃんに食事をあげたり、離乳食で使うスプーンでお母さんが味見をしたりするとミュータンス菌は感染します。

赤ちゃんとのスキンシップであるキスでも感染します。

とはいえ、日々の食事もスキンシップも赤ちゃんを育てるにはとても大事なことです。

これらを行わないようにすることは難しいかもしれません・・・・

でも、注意をして減らすことは出来ます。

 

他にも注意をして感染リスクを減らす事が出来ます。

それは、お母さんやお父さん、赤ちゃんの身近な家族の方の歯の健康です。

虫歯があればしっかり治療して定期的に歯のクリーニングを受けましょう。

赤ちゃんに接する人たちの歯の健康が赤ちゃんの虫歯リスクを減らすことに繋がります。

家族全員で気をつけることが大切ですね。