Dental guidance 診療案内

小児歯科

子供の歯科治療は恐怖心を与えないことです。 初めはほんの少しでも出来ればほめてあげましょう。

子供が生まれて健やかに成長していく姿は、お父さんやお母さんにとってこの上ない喜びだと思います。
できるなら歯のトラブルなんて避けたいものです。
しかし、そのためにはお母さん方の力をお借りするしかありません。
その手助けを当院はしていきます。

赤ちゃんが生まれたら
スタートです

歯の萌出

歯の生え変わりには順序があります。下の前歯から生えはじめ、13歳頃に永久歯に生え変わります。その後、個人差はありますが17~18歳頃に親知らずが生えてきます。

むし歯菌は乳幼児期に主に保育者から感染します。

むし歯菌は生まれたばかりの赤ちゃんの口には住んでいません。

お父さんやお母さんなど、主に保育者から感染します。
とはいっても、子供とのコミュニケーションやスキンシップというのは、子供を育てる上では、必要で大切なことです。
そこで、まずは保育者自身にむし歯がないようにし、衛生管理をしっかり行うことが重要になるのです。

間食の間にジュースを飲む習慣を間食と同時にとるように変えるだけでむし歯のリスクは大きく改善されます。

最近、ペットボトルでジュースなどを飲むことによるむし歯が増えています。

フタがあるものは、少し飲んでは、フタを閉じるという繰り返しになり、どうしてもダラダラと飲んでしまいます。
これではむし歯になるリスクは上がってしまいます。
おやつの食べ方を考えたり、1日に何回も飲んだり食べたりしないような予防法を学ぶことをおすすめします。

乳歯は一度むし歯になると痛みが出ないこともあってあっという間に進行します。

受診することにはほとんどが、神経の近くまで進行しています。
仕上げ磨きをするときに、歯の表面が白っぽくなっていないか、黒くシミになっていないか、歯の溝が黄色くなっていないかなど観察してください。このような兆候はむし歯の始まりですから、この時点で受診されるとあまり削らず治療が簡単です。

赤ちゃんをむし歯のない元気な子に育てたいと決心した大人は、歯科医院でのお手入れはもちろん、日ごろの生活の中でむし歯を予防する積極的な習慣を実践してください。
「キシリトール」は、むし歯菌を弱め、むし歯の原因となる酸を作らせない効果があります。食事のあとは、歯磨きだけでなくキシリトール入りガムを噛みましょう。