Dental guidance 診療案内

口腔外科

口腔(こうくう:口のなか)、顎(がく:あご)、顔面ならびにその隣接組織に現れる先天性および後天性の疾患を扱う診療科です。

当院には院長を含め、女性スタッフしかいません。
しかし、月に一度木曜日の午後に唯一の男性医師がやってきます。
口腔外科の専門医です。専門は顎関節症ですが、難抜歯等あらゆる口腔外科領域の症例に対応できます。

親知らずは生え出してからできるだけ早めに抜くことをおすすめします。

親知らずは15歳から20歳前後になって初めて生えてくる歯です。
医学的には下顎第三大臼歯・上顎第三大臼歯と呼びます。
親知らずは生え出してからできるだけ早めに抜くことをおすすめします。
個人差がありますが、25歳前後になると骨が硬くなり始め、そうすると抜歯の際に骨を削る量が多くなり、治療に時間がかかるだけでなく、出血や腫れも大きくなってしまいます。

また、親知らず周辺に痛みがあるときに抜くと出血がしやすく、麻酔が効きにくいこともあるので、基本的には痛みが引いてから抜歯します。
ご来院の際には、レントゲンで歯の状態を確認し、患者様一人ひとりに合わせた抜歯のプランをご提案させていただきます。
どうぞまずはお気軽にご相談ください。