Dental guidance 診療案内

歯周病

日本人の成人の約80%が歯周病

歯周病とは、日本人が歯を失うもっとも大きな原因の歯の周りの病気の総称で、実際には日本人の成人の約80%が歯周病(歯肉炎or歯周炎)にかかっているといわれています。
歯周病でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

歯茎などの組織が歯垢に含まれる細菌に感染し、歯茎の腫れ、出血などの症状を引き起こし、悪化すると細胞組織の全体が侵されて歯が抜けてしまうケースもあります。症状に差があるものの、現在の日本では成人の約8割が歯周病に感染していると考えられています。
また、歯周病は症状が悪化するまで自覚しにくく、気がついたときには既に早急な治療が必要なほど病状が進行しているケースが多く見られます。
歯周病は歯を支える組織そのものを侵してしまいますので、根本的な治療には時間がかかるため、早期発見と日頃の歯のメインテナンスがとても大切です。

以下の病状に心当たりがおありの方は歯周病の可能性があります。

  • 口臭が気になる。
  • 歯を磨くと歯ぐきから血が出る。
  • 唾液がネバネバする。
  • 最近、歯が長くなった様に見える。
  • 歯ぐきが赤い。
  • 歯と歯の間に食べ物が挟まりやすい。
  • 歯ぐきを押すと柔らかく、痛みもある。
  • 冷たいものはしみるので口にしない。
  • 歯ぐきから膿が出ることがある。
  • 歯がグラグラする。

治療の簡単な流れ

  1. 歯周病の歯科検査とブラッシング指導

    歯周病は病状が進むにつれ、歯茎と歯の間に隙間ができます。その隙間に歯垢が溜まると細菌が繁殖し、さらに症状が悪化してしまいます。そのため、歯周病の治療の際には、まずはこの歯茎と歯の隙間を測ることで病状の度合いを確認し、組織の侵食や炎症なども同時に検査します。また、同時に歯表面の細菌を除去し、歯周病予防のための正しいブラッシングの方法を説明します。

  2. 歯周病の治療

    歯周病の病巣となる歯垢・歯石を除去します。病状によっては何度かに分けてご来院いただく必要があります。

  3. PMTC

    歯ブラシでは完全にきれいにすることが難しい歯周ポケットや歯茎の根の部分も丁寧に磨き上げます。使用する器具はゴムやブラシなどの柔らかい材質のものですので、心地良い刺激で隅々まで汚れを落とします。

  4. 定期検診

    治療後の口腔はとてもデリケートです。炎症などの二次的な病状が起こりやすいですので、定期検診をおすすめしております。