Dental guidance 診療案内

口腔内スキャン

歯科用CAD/CAMシステム
【CEREC Primescan セレック プライムスキャン】

セレック(CEREC)とはCEamic REConstruction(セラミック修復)のことです。
医療先進国ドイツで開発された、コンピューター制御によって修復物を設計・製作するCAD/CAMシステムです。

セレックマシーンについて

セレックマシーンは、最先端の3D光学カメラを使用し、歯を撮影(スキャン)します。コンピュータを使って修復物を作製するので、歯型を取ることがありません。わずか数秒で歯並びがパソコン上に再現され、そのあとはコンピュータの3D画面上にて修復物を設計し、ミリングマシンがデータをもとに修復物を作製します。
セレックは、非常に高精度で長持ちな治療が可能、身体にも安全、しかも天然歯のように美しい歯を安価に提供できるという、歯科医師にとっても患者様にとっても優れた機器であることから、日本だけでなく世界中で注目を浴びています。
さらに、プライムスキャンはセレックの最上級機種で、より多くのデータ取得と、高い分析機能による迅速な処理を実現しました。
その結果、スキャンするスピードが速くても、完全な3Dスキャンモデルを表示することが可能になりました。

口腔内スキャンのメリット

患者様のご負担が軽減します

従来法の印象(型取り)では、印象材を口にいれる為、時間もかかり手間も多いものでした。
口腔内スキャナーはコンパクトなヘッド部分(ワンド)で光学スキャンするので、嘔吐反射のある患者様でもストレスフリーに治療を受けられます。

印象材・石膏等の消耗や模型の郵送がなくなります

従来法の印象では印象材を使い、石膏を流し込み模型を作るため、人的ミスが起こることもあります。
光学スキャンによる印象採得ではこういった人的ミスがありません。
また、印象材や模型を送るための郵送の手間がなくなり、コスト削減と修復物装着までの時間短縮が可能となります。

技工物の精度が上がります

変形の心配がない正確な印象(デジタルデータ)を採得できることで、技工物の精度が上がり、結果的に患者様の満足度向上につながります。

最先端医療に対応できます

口腔内スキャナーで採取した歯冠情報と、歯科用CTで採取した歯根・歯槽骨情報とを合成することで、矯正治療やインプラント治療にも応用可能です。

データがデジタルなので管理しやすくなります

印象材で歯型を取った場合は、模型の保管場所が必要となります。口腔内スキャナーの場合はデータのため、物理的に場所を奪うことなく保管できます。また模型を破損してしまうといったリスクもなく、過去のデータもスムーズに引き出せます。デジタルデータのため、技工所等と共有しやすいという利点もあります。

治療費用

セレック ハイブリッドクラウン 30,800円
セレック ジルコニアクラウン ベーシック 52,800円
リアル 84,700円
プレミアム 126,500円
セレック ジルコニアインレー 44,000円